導入事例

香川県小豆郡 土庄町市立土庄小学校 個別指導の時間をくれる

香川県小豆郡 土庄町市立土庄小学校
お話をうかがった先生 岡亨先生

質問1:「やるKey」をどの時間帯でお使いでしたか?

朝の読書の時間と昼のドリルの時間、放課後の補充学習。また、授業中進度に合わせ時間がある時に使っています。トライアルの時は家庭へ持ち帰り宿題としても使用していました。

質問2:「やるKey」を導入して良かった点はなんですか?

なんといっても、子どもたちがやる気を持って学習に取り組むことが一番良かった点です。
「算数が好き」という児童が増えました。「やるKey」をやることで、授業も活性化しています。
問題が教科書会社の東京書籍からの信用のおける問題なので、学力向上につながります。
しかも、答えが合えば、レベルの高い問題、間違えれば、易しい問題をするという学力に合わせて問題を解くことができるところが良い点です。
「やるKey」は残念ながら万能ではありません。低位の児童は、「やるKey」だけでは救えません。
しかしながら、「やるKey」は、その児童を個別に指導する時間を与えてくれる役割をしてくれます。

子どもたちがやる気を持って学習に取り組むことが一番良かった点です。
「算数が好き」という児童が増えました。「やるKey」をやることで、授業も活性化しています。
問題が教科書会社の東京書籍からの信用のおける問題なので、学力向上につながります。
しかも、答えが合えば、レベルの高い問題、間違えれば、易しい問題をするという学力に合わせて問題を解くことができるところが良い点です。

質問3:「やるKey」を使っていた子ども達の様子を教えて下さい。

生き生きと楽しくためになる学習ができています。
正解して花まるやコインをもらって喜ぶ児童、アバターが成長して喜ぶ児童、集中して学習ができています。

質問3:「やるKey」を使っていた子ども達の様子を教えて下さい。

将来的にはタブレットで教室のみならず、学校図書館でも、家庭でもどこでも「やるKey」ができるようになると思いますが、現状においては、学校現場の環境はまだまだです。
学校現場の現状に応じて改良が加えられることを期待したいと思います。そして、将来、タブレット1人1台時代がやってきたときに、全学年・全教科で「やるKey」ができればと思ったりします。

質問3:「やるKey」を使っていた子ども達の様子を教えて下さい。

2020年タブレット1人1台時代は、必ずやってくると思っています。スマートホン・タブレットが家庭で日常的に活用されている時代に、やや学校は遅れをとっているのではないかと思います。
子どもたちは、楽々とタブレットのアプリでドリル学習に取り組めています。

その他の事例

今なら!やるKey(数学) 無料体験受付中!
詳しくはこちら